松浦川水系の町田川下流域では年間平均雨量が1800mmを越す多雨地帯であり、昭和28年の大洪水をはじめとし
て、昭和34年、36年、42年に河川が氾濫し、多大な洪水被害が発生したため抜本的な治水対策が必要となっていまし
たが、町田川については大幅な河川改修は困難な状況でした。
 また、唐津市において人口の増加、経済・文化の発展に伴う水需要の増加に伴い、新たに水源を確保する必要があ
りました。
 そこで洪水調節、既得取水の安定化、津市の水道の水源確保を図るために、町田川上流部に、多目的ダムとして平
木場ダムを建設たそうです。
 平木場ダムは主ダムである重力式コンクリートダムと脇ダムであるアースダムから構成されている珍しいタイプのダ
ムであり、またダム名も竣工時には川の名前をとって「町田ダム」と名付けられていましたが、管理者の変更時にダム
湖に水没した地域の名前を取って「平木場ダム」と変更された逸話を持つ稀有なダムであると言えるでしょう。
 

  左岸側上流から提体を見る。少し藪が邪魔ですが、
よくあるタイプの自由越流式のクレストを持ったダムで
あることが分かります。
  左岸側から天端を見る。たしか一般車通行可能だっ
たように記憶しています。
ただし小さめのダムによくあるように車同士のすれ違い
は不能と思います。
 天端からダム湖を見る。見学に来たのが冬場なので
満水ではありませんでした。
 手前の水面がもわっと盛り上っていたので水質浄化
用の何らかの設備が湖底にあるものと考えます。
 右岸側から天端を見る。…左岸側から見たのとたい
して変わらないですね。
 左岸側から提体下流面を見る。立派な?坊主ダムで
ある。
 天端から下流を見る。写真の上の方に白い欄干の橋
が見えるので、そこまで行けば提体を下流から望むこ
とが出来たかも知れませんが、今回は単純に気がつか
なかったため提体を正面から見ることが出来ませんで
した。
 脇ダム部分を右側から見る。主ダムに比べ提高はそんなに変わらないし、提頂長が約3倍あるのでこちらが主ダムに見えないことも無いです。
脇ダムのすぐ下流には民家が密集していました。
 脇ダムのダム湖側を見る。水中に沈む部分にのみリップラップで補強してあるようです。


平木場ダム緒元
形式 重力式コンクリートダム
目的 洪水調整、農地防災、不特定用水、河川維持用水
上水道用水
河川名、水系 松浦川水系町田川
左岸住所 佐賀県唐津市神田字平木場
提高(内は脇ダム) 29.5m(28.2m)
提頂長(内は脇ダム) 117m(390m)
提体積(内は脇ダム) 27,500m3(268,000m3)
集水面積 2,240u
湛水面積 10.1ha
総貯水容量 1,080,000m3
有効貯水容量 1,024,000m3
事業者 佐賀県
施工者 熊谷・上瀧・岸本
竣工 1983年
ダム湖名
関連ホームページ 佐賀県ホームページ
上記緒元は基本的にはダム案内図を元に制作しておりますが、一部日本ダム協会様の
ダム便覧を参考に作成しております。


佐賀県のダムへ