打上ダムは玄界灘に突出した東松浦半島一帯に広がる通称「上場台地」と呼ばれる地域の灌漑事業のために農水
省直轄事業の一環として建設されました。
 このダムに貯水される水のほとんどはもともとの河川からの水ですが、干ばつ等により水量が足りなくなったときには
半島の付け根にある「後川内ダム」より導水された水を貯めることができます。
 貯水された水はダム近辺の灌漑に使われるほか「後川内ダム」の水量が干ばつにより少なくなった場合に打上ダム
から逆に導水路へ放流し、普段は「後川内ダム」が行っている呼子町、鎮西町へ安定的に灌漑用水を送る役目をして
います。また半島の先に突き出た可部島へも鳴子大橋を通じて送水されています。
 打上ダム湖畔には運動公園が設置されているなど地域に開かれたダムとなっているようです。

 
 左岸側から天端を見る、対岸に高い山がないので少
し不思議な感じに見えます。
 天端上は一般車通行可能のようですがすれ違いは困
難なようです。
 左岸側から提体上流側を見る、アースダムなのです
がこちら側だけ見るとロックフィルダムに見えないことも
ありません。
 歩いて湖面まで降りられそうでしたが怒られそうなの
でやめておきました。
 左岸側から提体下流面を見る、こちら側を見ると間違いなくアースダムです。
 建設当初は芝生が張ってあったようですが今ではどちらかというと雑草のほうが多いようです。
 しかし定期的に草刈が行われているようで雑踏としていなかったのはよいと思いました。
 天端からダム湖を見る、貯水率はやや少な目のようです。
 奥に見える建物が運動公園、立派なつり橋もかかっていました。
 天端から下流を見る、よく整備されたとは言いがたいが提体直下には広場があります。この広場への立ち入りは自由に出来るようでした。
 また、この先約1Kmでこの潟川は玄海灘へ流れ込みます。
 横越流型の洪水吐、アースダムにありがちな超巨大なものではなく、身分相応?のこじんまりしたものでした。
 流域面積が小さいのと設計洪水量が少なめに設定してあるからでしょうか。
 洪水吐の下流側を見たところ。
 基本的な中規模フィルダムの導水路に見えます。やや大きめの減勢工がちょっと目立ちます。
 奥に見える白い建物はポンプ場のようでした。
 右岸側から提体下流面を見る、こう見ると導水路が提体へ登るための階段に見えます。
 こちら側から見ると左岸側の山もあまり高くないことが分かります。
 
 右岸側から天端を見たところ。
 洪水吐と提体の角度が違うので全体的に「く」の字に曲がったように見えます。
 下流側から提体を見たところ。
 見学したのは冬だったのですが全体的に提体は緑に覆われていました。夏に来ると深緑の提体が拝めるのではないかと思います。


打上ダム緒元
形式 中心遮水ゾーン型フィルダム
目的 灌漑用水
河川名、水系 潟水系潟川及び丸渕川
左岸住所 佐賀県東松浦郡鎮西町大字打上
提高 31.6m
提頂長 181.8m
提体積 289,000m3
集水面積 6,000u
湛水面積 16.9ha
総貯水容量 1,580,000m3
有効貯水容量 1,430,000m3
クレストゲート 横越流型1門(幅?m×高さ?m)
取水設備 ドロップインレット1門(0.745m3/s)
事業者 九州農政局
施工者 松尾建設
竣工 1992年
ダム湖名
関連ホームページ 九州農政局上場農業水利事務所
上記緒元は基本的にはダム案内図を元に制作しておりますが、一部日本ダム協会様の
ダム便覧を参考に作成しております。


佐賀県のダムへ