梓川3ダムと呼ばれている3連アーチダムのうち一番下流にあるダム。通称3男坊?
 ここで取水された水は下流にある竜島発電所に送られています。また、2段式揚水発電の下部ダムであり、すぐ上流
の水殿ダムとあわせて揚水発電を行っています。
 松本から国道158号線を乗鞍、上高地方面へ走っていると右手に見ることができます。ただ、この道は四季を通して
渋滞するので覚悟すべし。


  国道158号線からダムをみる。こぢんまりとまとまっ
た感じに見えます。洪水吐はローラーゲート5門と右下
に見えるバルブが1門のようです。
 斜め前からパシャリ、放流しているときにこの角度から見たいです。
  左岸側から天端を望む、天端は残念ながら立入禁止
でした。
アーチ式ダムの特徴であるカーブを描いた天端がまた
かっこよく見えます。
ダム湖側から堤体を見る。少し逆光になってしまいました。もっとカメラの腕を磨く必要があるようです。
対岸にあった管理所、中央やや右にある青いゲートは下流の竜島発電所に水を送るためのローラーゲート。
その横にある白いクレーンはボートをダム湖におろすためのもののようです。ちなみにボートの名前は「あずさ」でした。
堤体付近からダム湖を眺める。この上流に水殿、奈川渡ダムがあると思うと・・・早く見学にいきたくてどきどきでした。


稲核ダム緒元
形式 アーチ式コンクリートダム
目的 発電
河川名、水系 信濃川水系梓川
左岸住所 長野県南安曇郡安曇村字笑沢・上の沢
提高 60m
提頂長 192,8m
提体積 65,000m3
集水面積 470,400u
湛水面積 51ha
総貯水容量 10,700,000m3
有効貯水容量 6,100,000m3
クレストゲート ローラーゲート5門(幅?m×高さ?m)
常用洪水吐 ハウエルバンガーバルブ1門
事業者 東京電力
施工者 佐藤工業
竣工 1969年
ダム湖名
上記緒元は基本的にはダム案内図を元に制作しておりますが、一部日本ダム協会様の
ダム便覧を参考に作成しております。


長野県のダムへ