木曽川の最下流に位置するダム、そのためか堤高は34.8m堤長308mと非常に横長のダムです。そのため一見
ダムではなく堰のように見えます。
 このダムの見所といえばずらりと20門並んだローラーゲートでしょう。重力式コンクリートダムですが木曽川の水を堰
き止めているのはコンクリートではなくローラーゲートによって支えられているように見えます。
 ダムの竣工は1939年、戦前にこれだけの河川を堰き止めようと思った発想とこれだけのダムを建設した当時の土木
技術の高さに驚かれます。
 なお、土木学会の「日本の近代土木遺産〜現存する重要な土木構造物2000選 」に選定されているそうです。
 岐阜県にあるダムですが、木曽川水系の水利権は中部電力ではなく関西電力が保有しているために管理は関西電
力というちょっと不思議な感じです。発電所はダムの両側に建築されており、各発電所は名前も違う個々の発電所とし
て管理されているようです。
 有名?な日本ライン下りはこのダムのすぐ下流から出発し、愛知県犬山市の「濃尾用水犬山頭首工」(堰)まで船で
木曽川を下ります。


  左岸下流側からダムを見たところ、木曽川の中流域
に有り、このダムの上流で木曽川と飛騨川が合流して
いるためか川幅も広く水量も多いようです。
  右岸側やや上流から見たところ、ローラーゲートの支
柱が永遠に続くように見えます。
堤体右岸側に設置されている発電所の取水設備。
かなりの勢いで水が流れ込んでいっていました。天端にあるユンボと比較してもその大きさが分かります。ここのゲートもローラーゲートのようでした。


初めて作ったパノラマ写真、副ゲートを含め20門並んだローラーゲートは圧巻の一言です。
ダムの左右にそれぞれ発電所があるのが分かります。右岸側が「美濃川合発電所」、左岸側が「今渡発電所」
上流域で大雨が降ると良い景色が見れそう(不謹慎?)このゲートが全門開放されることはあるのでしょうか。



今渡ダム緒元
形式 重力式コンクリートダム
目的 発電
河川名、水系 木曾川水系木曾・飛騨川
左岸住所 岐阜県可児市市川合字西野
提高 34.3m
提頂長 308m
提体積 101,000m3
集水面積 4,632,300u
湛水面積 141ha
総貯水容量 9,470,000m3
有効貯水容量 4,240,000m3
クレストゲート ローラーゲート20門(幅?m×高さ?m)
事業者 関西電力
施工者 間組
竣工 1939年
ダム湖名
上記緒元は基本的にはダム案内図を元に制作しておりますが、一部日本ダム協会様の
ダム便覧を参考に作成しております。


岐阜県のダムへ