木曽川を遡っていき、木曽川と飛騨川が分かれてすぐの木曽川側にあるダム。
ダムの管理者は関西電力で基本的には発電用のダムですが、ダム湖から愛知用水を取水しているなど利水ダムとし
ての一面も持っているようです。
 このダムは今渡ダムより多少新しいですが、竣工したのは1943年とやはり戦前です。当時からエネルギー資源のほ
とんどを輸入に頼っていた日本にとって、自給できるエネルギーの確保が最重要課題であったのでは?と思いました。
 なお、土木学会の「日本の近代土木遺産〜現存する重要な土木構造物2000選 」に選定されているそうです。

 
  右岸側から見る、このダムはラジアルゲートが14門
装備されており、ダム一面ラジアルゲートで覆われてい
るように見えます。
 ラジアルゲート好きな人にはたまらないダムかも?
  上流左岸側からダムを眺める。冬季であるからか貯
水率は高めのようです。
ダム湖左岸側にある水資源機構の愛知用水取水口。
ラジアルゲート2門から取水中の様子、ダムの管理者は関西電力だが、利水については水資源機構も権利があるのかな?
最近改修されたようでラジアルゲート3門の立派な取水口でした。
ここは開かれた施設のようで、日中であれば自由に見学できるようでした。


兼山ダム緒元
形式 重力式コンクリートダム
目的 発電、灌漑用水、不特定用水
河川名、水系 木曾川水系木曾川
左岸住所 岐阜県加茂郡八百津町大字和知字針田
提高 36.3m
提頂長 205.7m
提体積 105,000m3
集水面積 2,452,000u
湛水面積 102ha
総貯水容量 9,392,000m3
有効貯水容量 3,793,000m3
クレストゲート ラジアルゲート14門(幅?m×高さ?m)
事業者 関西電力
施工者 間組
竣工 1943年
ダム湖名
上記緒元は基本的にはダム案内図を元に制作しておりますが、一部日本ダム協会様の
ダム便覧を参考に作成しております。


岐阜県のダムへ