「日本初の100m級ダム」「ハイダムの基礎を築いたダム」として有名な丸山ダムは、近い内にこれまた国内最高と
なる24.3mの嵩上げ工事が実施される予定です。着々と準備も進められているようでダムに来るまでの道もだいぶ
整備されていました。また、洪水調整、発電機能など旧ダムの機能を残したままの嵩上げ工事の実施は世界的にも珍
しいようで、国内外から注目を受けているダムでもあります。
 このダムは1943年に日本発送電(株)によって着工されましたが戦争の影響により工事は一時中止、戦後(1951
年)に関西電力が後を引き継ぎ1956年に完成させました。いまは国土交通省中部地方建設局の管理下に置かれて
います。
 現在の丸山ダムを見学できるのは後数年と言うことなので、岐阜、愛知に旅行に来られた際には是非見学をお薦め
します。なんせ日本のダム技術の基礎を作ったダムなのですから…

 
  右岸側にあった展望台からダムを見る。基本に忠実
な重力式コンクリートダムと入ったところでしょうか?
 クレストにローラーゲートを5門持つ他は特に洪水吐
を持っていないようです。
  ダム下流に架かっていた釣り橋よりダムを見る。5門
あるローラーゲートがよく見えます。
放流の時にここから見てみたいです。
左岸側から天端を見る。天端に見える人影は一緒に見学に入った父、この人に幼少の頃よく九頭竜ダムや御母衣ダムに連れて行かれたのがダム好きの始まりです。
天端は立ち入り自由となっていますが、渡りきった右岸側は行き止まりになっていました。
天端から上流を眺める。見学した日は薄曇りであったがダム湖が綺麗に見えました。
ダム湖と山の境にある小さな建物は誰かが無許可で建設した釣り小屋、近い内にすべて撤去する予定であるということです。
天端から下流を見る、この規模のダムとしては減勢工が小さく見えます。
丸山ダムは近い内に24.3mの嵩上げ工事が行われる予定、嵩上げ後の丸山ダムは今とは全然違った外観になる模様。現在の堤高が98.2mなので…堤高122.5m、名実ともにハイダムとなります。
完成予定図を見ると面白い形の減勢工が目を引きます。
新丸山ダムは現在の丸山ダムを基本的に稼働させたまま建設工事を行うようで、この図のように堤体に手を加える訳ではなく、47.5m下流に新しく建設する予定らしい。
旧ダムはゲート部分より上を削った上で新ダムのダム湖に沈むようです。
これは嵩上げ工事と言うより新ダム建設工事といった方がいいような気がするのは私だけでしょうか?
嵩上げ工事後の丸山ダムのダム軸、新しい天端はこの高さまで来るようです。


丸山ダム緒元
形式 重力式コンクリートダム
目的 洪水調整、農地防災、発電
河川名、水系 木曾川水系木曾川
左岸住所 岐阜県可児郡御嵩町小和沢字北浦山
提高 98.2m
提頂長 260m
提体積 497,000m3
集水面積 2,409,000u
湛水面積 263ha
総貯水容量 79,520,000m3
有効貯水容量 38,390,000m3
クレストゲート ローラーゲート5門(幅?m×高さ?m)
事業者 国土交通省中部地方建設局
施工者 間組
竣工 1955年
ダム湖名 丸山蘇水湖(まるやまそすいこ)
関連ホームページ 丸山ダム管理所
上記緒元は基本的にはダム案内図を元に制作しておりますが、一部日本ダム協会様の
ダム便覧を参考に作成しております。


岐阜県のダムへ