「厚東川ダム」は天然記念物「秋吉台」を源流にもつ厚東川の本流にあり、下流域の宇部市、小野田市の工業用水、
上水用水及び洪水調整、発電を行うために作られたダムです。
 「厚東川ダム」の元々の構想は昭和14年に、建造は昭和15年から着工されていたのですが、戦争のため物資、労
力が不足により建造が一時中断されました。戦後になり残余水利用のためさらに発電能力を「宇部興産株式会社」に
よって付加された後ようやく昭和25年に竣工しました。
 しかし近年の水需要の増加に伴い「厚東川ダム」だけでは容量不足となってしまったため、同水系の薬師川あった宇
部池(溜池)を再開発し「宇部丸山ダム」とし、ダム湖同士を連絡水路で繋げて水のやり取りをできるようにしてしてあり
ます。
 また、後日付加されたのかどうはわかりませんが、この時代に作られたダムには珍しく排砂管を2門持っています。
 ダム湖名「小野湖」は水没した小野村の名前をとって名づけられたそうです。


  ダム湖右岸側から提体を見る、8門並んだラジアルゲ
ートが壮観です。
 ゲート操作室部は建屋で覆われていました。
  天端を右岸側から見る、途中にある階段の向こう側は
立ち入り禁止でした。
 ゲート操作室に通じる道なので当然といえば当然です
か。
天端からダム湖を見る、ちょうどこの時期は少雨の影響
のため工業用水の取水対し30%の取水制限がかけら
れている最中だったからか、貯水量は少なめのようでし
た。
天端から下流を見る、中央やや右に見える建物が「宇部
産業株式会社」の水力発電所。
ダム式水力発電で通常の民間会社が発電を行うのは珍
しいような気がします。
この写真を撮っているときになにやら後ろから視線を感じ
たので振り返って見ると、管理所の窓に掛けられたブライ
ンドの隙間から職員の方が「じぃ〜」と私を見ていました。
不審者を見るような感じでしたので軽く会釈をして早々に
立ち去らせていただきました。
やや下流の右岸側から提体を見る、中央下に見える穴
が排砂管出口、本当は手前にもう1門あり全部で2門あ
ります。
竣工から50年以上も経ったコンクリートの色が渋いで
す。
下流側からダムを望む、左側に見えるのが発電所入り
口。
このダムを左岸側から見ることのできるポイントを探した
のですが結局見つかりませんでした。
あまりいける様な場所ではないので少し心残りです。


厚東川ダム緒元
形式 重力式コンクリートダム
目的 洪水調整、農地防災、不特定用水、河川維持用水
上水道用水、工業用水、発電
河川名、水系 厚東川水系厚東川
左岸住所 山口県宇部市大字小野字尾花ヶ瀬 
提高 38.8m
提頂長 162m
提体積 62,160m3
集水面積 324,000u
湛水面積 249ha
総貯水容量 23,788,000m3
有効貯水容量 23,042,000m3
クレストゲート ラジアルゲート8門(幅8.00m×高さ6.70m)
排砂管 1200mm×2門
事業者 山口県
施工者 間組
竣工 1950年
ダム湖名 小野湖(おのこ)
関連ホームページ 山口県土木建築部河川開発課のホームページ
上記緒元は基本的にはダム案内図を元に制作しておりますが、一部日本ダム協会様の
ダム便覧を参考に作成しております。

山口県のダムへ